オカルト遅報

最新記事投稿:2021-10-17 16:00:44

16:00  彼の家の裏山には、既に使われなくなった火葬場跡がある。  後で読む オカルト遅報  
16:00  山で薪を拾っていた。 強い日差しの下で腰を屈めていると、フッと日が陰る。  後で読む オカルト遅報  
16:16  空一面の黒雲から、一本の真っ直ぐな、白く輝く柱が地に突き刺さっていた。  後で読む オカルト遅報  
16:00  渓流釣りに出かけ、夢中で山女を追いかけていた 気がつくと深く入り込んでしまったらしい  後で読む オカルト遅報  
15:30  山の中の現場も終わり帰ろうとすると現場の爺さん連中に呼び止められ 「これ舐めてみろ」焼肉の  後で読む オカルト遅報  
16:00  おや? この雨って妙に粘々しているような気がする。  後で読む オカルト遅報  
16:00  ウチの実家周りは鬱蒼とした竹藪に囲まれている。 小学校の頃には基地とか作って竹藪で遊んでた  後で読む オカルト遅報  
16:00  「小汚いおじいちゃん」がにこにこ釣りを見てるからワンカップ出して「飲まいん」と封をあけて渡  後で読む オカルト遅報  
16:00  昔四国石鎚山麓にあるおいのかわというところでよく怪異に出くわしたと話してくれました  後で読む オカルト遅報  
16:00  テントでの泊りがけの渓流釣りで「火の玉?」を見たという  後で読む オカルト遅報  
16:00  山の神が怒ってるんだ  後で読む オカルト遅報  
16:00  清流の向かい側を小人(20cm位?)が歩いていった 「えっ?」と思い、何故かポケットの飴を剥  後で読む オカルト遅報  
16:00  執拗に「石か?糸か?」をボソボソと繰り返し彼にずっと聞いている。  後で読む オカルト遅報  
15:00  霊酒  後で読む オカルト遅報  
16:00  白い棺を抱えた黒服が数名降りてきた。 彼らを見た彼女は、奇妙な感じを受けた。  後で読む オカルト遅報  
16:00  冬季、遭難者の遺体が発見されたという噂さえあるトイレが 真っ暗というのは、どうも落ち着かな  後で読む オカルト遅報  
16:00  決して後ろを振り返ってはいけない。バックミラーも覗いてはいけない  後で読む オカルト遅報  
16:00  夜、足音やドアを叩く音が聞こえても、開けないでね  後で読む オカルト遅報  
16:00  東海地方G県の山中でラリーの大会があり、途中で1台の車が行方不明になりました。  後で読む オカルト遅報  
16:00  おかしな事に、途中の村営のスーパーで仕入れた具材のうち、本日のメイン “山女”だけがきれいさ  後で読む オカルト遅報  
16:00  淵の中ほどで、ドンッと軽い衝撃がカヌーを揺らした。 何かが水中で体当たりをしてきたかのよう  後で読む オカルト遅報  
16:00  行く手の道上にちょこんとした小さな影一つ。 近よってみると、妙に古臭い服を着た子供だった。  後で読む オカルト遅報  
16:00  通い慣れた、地元の山道を歩いていた時のこと。 その日は朝から、ひどく濃い霧が出ていたという  後で読む オカルト遅報  
16:00  山道を歩いていると、後ろからザリッザリッと砂利を踏む音が聞こえてきた。  後で読む オカルト遅報  
16:00  儂も雨宿りさせてくれんかの  後で読む オカルト遅報  
16:00  アガザル  後で読む オカルト遅報  
16:00  ジュースかなんか買おうとして自販機いくと、サンプルが一つもない。  後で読む オカルト遅報  
16:00  ボトッと潰れた重い音がした。硬い缶の立てる音ではない。 何が落ちた?  後で読む オカルト遅報  
16:00  山菜摘みに地元の山へ入った時のこと。 頭よりも少し高い梢から、黒い蛇が鎌首を覗かせているの  後で読む オカルト遅報  
16:00  送電線の鉄塔を過ぎる辺りで、カンッという硬い音が聞こえた。  後で読む オカルト遅報  

1609 件中 61 - 90 件目